ほうれい線とタバコの関係性とは?受動喫煙も気をつけよう

ほうれい線

ほうれい線が深くなる原因

お肌の悩みはさまざまな年代の女性にあるものですが、年齢を重ねた女性の場合には以前よりもほうれい線が深くなってしまったことに悩む人もいるものです。

頬がたるんだことによって目立ちやすくなる、ほうれい線ができる原因にはさまざまなものが考えられます。

しかしどのようなことによって引き起こされているのかを知れば、できるだけ避けるようにすることもできるはずです。

それでは、ほうれい線に悪影響な原因をみていきましょう。

ほうれい線の原因① タバコによる活性酸素

ほうれい線が深くなる原因にはまず、タバコによる活性酸素や血管収縮が挙げられます。

たばこが原因というと、意外なように思われる人もいるかも知れません。

しかし日常的にたばこを吸っている人と吸わない人を比較すると、吸っている人の場合にはいわゆる老け顔の人が多いのが特徴です。

ほうれい線の原因② 噛み癖・骨格のゆがみ

また噛み癖などによる骨格のゆがみも、ほうれい線を深くする要因の1つです。

ゆがみがあると老廃物が排出されにくくなると考えられています。

顔がむくんでいると、ほうれい線が目立ちやすくなるということです。

もし気になる際には顔の骨格矯正をしてみるのも良いでしょう。

しかし噛み癖を直さなければまた戻る可能性はあります。

ほうれい線の原因③ ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れや紫外線を浴びすぎることも、顔の印象を大きく左右します。

肌のハリや弾力が低下すると皮膚が垂れさがってしまいますが、それによってほうれい線が目立つようになるのです。

ほうれい線の原因④ 表情筋の衰え

さらには表情筋の衰えもほうれい線に繋がってしまうポイントの1つとなります。

普段から無表情であることが多い場合には、この筋肉が衰えやすい傾向にあります。

体の筋肉と同じように顔の筋肉も鍛える必要があるのです。

しかし表情筋を意識的に動かすようにしたりエクササイズを取り入れることで、顔の筋力をアップさせることはできます。

特に口元の筋肉を動かすエクササイズが効果的なので、ネットで動画を見つけたら真似しておこなってみるのがおすすめです。

このようにほうれい線が深くなるにはさまざまな原因があります。

タバコがなぜほうれい線に良くない?

紫外線を浴びすぎることや表情筋の衰えがほうれい線を深くしてしまうことは良く知られています。

もちろん肺がんを引き起こすリスクがあることも有名です。

しかしタバコがほうれい線に良くないのはなぜ、と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

「スモーカーズフェイス」という言葉は多くの人にとってあまり聞き慣れないものかも知れません。

とはいえこれは、喫煙者ならではの老け顔のことです。

まぶたが下がったり目の下の皮膚が弛んだりすることに加え、ほうれい線の深さもスモーカーズフェイスの特徴に挙げられます。

タバコをには200種類以上もの有害物質が含まれていると言われていて、中でも重視される成分としてニコチンが有名です。

ニコチンには血管を収縮させる効果があり、血行不良につながります。

そしてタバコを吸うと老化の原因と言われる活性酸素が大量に発生するのが特徴です。

そのような煙を吸い続けることによって肌の老化が早まり、老け顔になると考えられているのです。

しかし自分ではタバコを吸っていないという人も、周囲に吸っている人がいると受動喫煙のリスクがあります。

タバコを吸っている本人ではなく周囲の人が吸ってしまう副流煙は、本人が吸う主流煙に比べると2倍以上の有害物質が含まれています。

このようなことから活性酸素を増加させたり、血行不良になることで本人がスモーカーズフェイスとなってしまうのみならず副流煙の受動喫煙によって周囲の人を老けさせてしまうタバコは、ほうれい線に良くないのです。

タバコがやめられない場合

肌を老化させてしまうためほうれい線の原因となるタバコは、出来ることなら吸うことを止めたいものです。

とはいっても長年の喫煙習慣があるという人にとっては、なかなかやめられないということもあるでしょう。

一度は止めようとしてみたものの止められなかったという人もいるかも知れません。

依存性の強いニコチンやタールが含まれているタバコを止めるには、禁煙をするメリットや動機付けを行うことをおすすめします。

禁煙のメリットとは?

禁煙をすることによってどのような利益があるのかと考えてみると、やめることができる可能性が高まります。

例えば金銭的な面でもメリットがあり、それまでタバコに使っていたお金を他に使うことができるようになるのです。

また洋服や髪の毛につく臭いが無くなり、部屋や車も快適な環境にすることができます。

さらには口臭もなくなるでしょう。

自分ではあまり臭いに気付いていないかもしれませんが、吸わない人にとっては喫煙者の臭いが気になることもあるものです。

さらに味覚や嗅覚が鋭くなって食べ物が美味しく感じられたり、爽やかに目覚められるようになったりといったメリットもあります。

禁煙するための方法

その他にもタバコがやめられない場合には、一時期話題となった禁煙セラピー本を読んでみるのもおすすめです。

この本を読むことでタバコを吸わなくなる人が多くいるといいます。

この本は、タバコを吸うことは意味がないということを述べている本ですが、やめるべきだとは言わないのが特徴です。

タバコに限らず何かを止めろと言われる、と止めたくない・むしろやりたくなるという人は多くいます。

その心理に寄り添ってくれる本と言えます。

またニコチンパッチを使用するのも、禁煙するための1つの方法です。

ニコチンパッチは医薬品で、禁煙し始めた場合にはイライラしてしまったり集中力が低下してしまったりするのが苦痛であることも多いものです。

それが嫌で止められないという人もいるでしょう。

そのような時にはニコチンパッチを利用すると成功できる可能性が高まります。

タバコをやめたいけれどやめられない場合には、禁煙外来に行くという選択肢もあります。

これなら医師に相談をしながら禁煙をすることができ、必要に応じて禁煙補助薬を処方してもらうことが可能です。

これらの方法を取り入れてみれば、きっとタバコをやめることができます。

肺がんのリスクからほうれい線が気になる肌の老化まで、さまざまな悪影響を避けることができるでしょう。

肌老化を抑え、ほうれい線対策をする方法

ほうれい線の深さは顔の印象を大きく左右するポイントです。

あまり気にならない程度の場合には若々しい印象ですが、ほうれい線が深く濃く刻まれているとどうしても老けた印象になってしまいます。

とはいえ、平均寿命が延びている現代ではいつまでも若々しくいたいと考える人も多いでしょう。

そのような時には、肌の老化を抑える対策やほうれい線が気にならなくなるような対策をとることをおすすめします。

まだ若いと思って対策をしていないと、急に老けたように感じられることもあるため、まだ年齢の若い人でも老けさせないよう心掛けるのがおすすめです。

ほうれい線対策① 運動やエクササイズ

ほうれい線対策としてまず挙げられるのは、運動やエクササイズで代謝を上げるということです。

加齢によって誰でも顔の筋肉は衰えがちになります。

さらに皮下脂肪が厚くなると脂肪の重さによって弛みやすくなる点にも注意が必要です。

若いころはすぐに痩せられた人でも、年を重ねると基礎代謝量が低下して痩せにくくなるものです。

そのようなことからあまり体重を増やしてしまわないように、日頃から適度な運動をして代謝を上げておきましょう。

顔の筋肉を鍛えるために、表情筋のエクササイズを取り入れるのもおすすめです。

ほうれい線対策② 抗酸化物質を積極的に摂る

また抗酸化物質を積極的に取り入れるというのも、肌の老化を抑えるために役立ちます。

化粧品を使用する際には、ビタミンCやビタミンE、それからコエンザイムQ10などの抗酸化物質が使用されているものを選ぶとお肌を外側からケアすることが可能です。

毎日ではなくても、週に1回から2回程度はアンチエイジング成分が使われているものを肌のケアに取り入れてみると良いかも知れません。

ほうれい線対策③ ストレスケア

さらにストレスケアも活性酸素対策になると言えます。

活性酸素は人間の体にとってなくてはならない大切なものですが、増えすぎてしまうと肌の老化現象だけでなく生活習慣病の原因になることもあるため難しい存在です。

タバコやアルコールは活性酸素を増やしすぎてしまうことに繋がりますが、ストレスを溜めることも良くありません。

ストレスによって悪くなった血流が元に戻る時に活性酸素が発生し、何度もこれを繰り返していると酸化が促進されます。

タバコの煙には活性酸素が含まれているほか、活性酸素を発生させることに繋がる物質も含まれています。

自分が吸っていないとしても、受動喫煙によって影響を受け、しかも吸っている本人以上に周囲の人の方が悪影響を受けてしまうのが怖いところです。

そのため夫や妻、同居人などが吸っている場合にはパートナーにも禁煙を求める必要があるでしょう。

とにかくほうれい線対策の前に禁煙を

もし自分がタバコを吸っているのであれば、すぐに禁煙をはじめることをおすすめします。

まぶたや目の下、頬が弛む「スモーカーズフェイス」と呼ばれる老け顔になってしまうことを避けるには、禁煙が効果的です。

タバコを吸っていると血管が収縮して皮膚の温度が下がるほか代謝も低下して栄養がいきわたりにくくなります。

また肌の老化に繋がる活性酸素も生成されてしまうため、お肌によくありません。

年齢より老けて見られてしまわないためにも、これらの肌老化の対策をしてハリのある若々しい肌を目指しましょう。

ほうれい線ケアなら話題の刺す美容液『パーフェクトニードル』