腸活米の成分とは?お米を食べるだけでウレシイ効果がある?

腸活米

腸活米とは?

美容系ブログやSNSでも注目されている腸活米は、成分の中に乳酸菌が100億個もはいった美味しい商品です。

腸活米には様々な特徴がありますが、特徴のひとつが美味しさです。

見た目も美味しさも白米と変わりがないので、違和感なく切り替えられます。

乳酸菌や食物繊維を米にコーティングできる特許技術があるため、腸内環境を整えながら白米本来の栄養も摂取できます。

腸活米が多くのユーザーに愛される理由

腸活米は多くのユーザーを満足させていますが、その理由は主に3つあります。

梅の花由来の植物性乳酸菌が100億個入っていますが、死んだ菌を使っているので加熱しても効果が持続します。

おからを配合している商品なので、食物繊維も十分摂取できます。

おからパウダーの食物繊維量はレタスの50倍もあります。

水に溶けない不溶性の食物繊維なので、お腹の中で水分を吸収して腸の働きを促します。

余分な脂質も吸着し、便と一緒に体外へと排出します。

オリゴ糖も含まれているので、さらに腸内活動を促せます。

腸内活動がスムーズになり便秘が解消されると、ダイエット効果も期待できます。

腸活米は毎日美味しく主食を食べるだけで腸を整えられるため、忙しい主婦やOLにも注目されています。

初めて試す場合は体に合うか心配になる人もいますが、返金保証付きなので気軽に試せます。

定期コースを選択すると、通常価格よりも2割安く購入できるのでお得です。

玄米を食べるとお腹が苦しいとき

玄米を食べると腸トラブルを発症する人がいますが、その原因は2つあります。

よく噛まないで食べている場合や、炊き上がりに問題がある場合は腸に負担がかかります。

柔らかく炊けていないと消化不良を起こす人もいます。

日本の食生活は欧米化が進み、どんどん噛む回数が減ってます。

腸は第2の脳とも呼ばれる重要な部位で独自の神経系を持ちます。

腸トラブルで悩む人は年々増加傾向にありますが、その理由のひとつが食生活の変化です。

肉を好んで食べる人や食物繊維の摂取が少ない人は、腸が疲れやすくなります。

腸を元気にする3つの習慣

体の健康を支える腸を元気にするには3つの習慣が大切です。

気軽にできる運動マッサージを毎日の生活に取り入れると、腸の動きが活発になります。

お風呂に入る場合は半身浴を行うと腸内の血行がよくなります。

3つの習慣の中で一番重要になるのが食生活の習慣です。

漬物や味噌など植物由来の乳酸菌食物繊維が多く含まれる食材を積極的に摂取すれば、腸内環境がよくなります。

仕事で忙しい人の中には、乳酸菌と食物繊維を取り入れた料理を作れない人もいます。

主食の白米を見直し腸活米にするだけで、腸内環境が整いますから、ぜひおすすめです。